ちびっこビスコがやってきた!!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ケメコ
 
[スポンサー広告
Merry★X'mas
クリスマスになると本屋で見かけ、開きたくなる絵本・・・☆

《さむがりやのサンタ》
さむがりやのサンタ


絵本なのですが、中はコマ割されていてコミックのよう。
文字は少ないのですが絵をおっていくと、サンタの12月24日の一日の様子が
とっても細かくわかります。

小さいころ、何度も何度も読んでもらい、少し大きくなってからも一コマづつ丁寧に
何度も何度も読み返しました。

さむがりやで文句いいのサンタですが、とてもやさしい感じも伝わってきます。

サンタと一緒に暮らしている、犬のポチと猫のクロ。
「じゃぁね、ポチ。いってくるよ、クロ。」とプレゼント配りに出かけます。

甘栗みたいな真っ黒ねこのクロは、サンタが家にいる間はだいたいサンタの肩に乗っかってます☆(^m^)



なんだかクリスマスはこどもの頃を思い出したり、街のイルミネーションにうっとりしたり、
あったかな気分になります。

あっ・・・それから結婚記念日でもありますしぃーーー!(^_^;)!(照)
なんと今年は12回目! 一回りしちゃったよ。

これからも健康で仲良く暮らしていけるよう、サンタにお願いしようかな・・・。









サンタさん、お願いします・・・☆



091224-ビスコサンタ



ビスサンタ「はいでちよーーーーー♪」



スポンサーサイト
Posted by ケメコ
comment:3   trackback:0
[本棚
猫語の教科書★
ねこ好きさんには有名な、ポール ・ギャリコの《猫語の教科書 》

何度も読み返し、まだ読んでないねこ好きさんには、必ずおすすめする大好きな本。

091029-1.jpg


このお話は、なんと・・・
母親を交通事故でなくした、ねこのツィツァが書いた(タイプライターで!)
ねこによる、ねこのための、教科書なのですっ!!!

6ヶ月でひとりぼっちになってしまった彼女は人間の家をのっとる事を決意します。
そして、自分が経験し、学んだ事をわかりやすくまとめたのです。

“子猫、のら猫、捨て猫たちに覚えてほしいこと ”と始まり、
第1章:人間の家をのっとる方法
第2章:人間ってどういう生き物?
 ・
 ・
 ・
という感じで続きます。
他にも“おいしいものを食べるには ”“魅惑の表情をつくる ”などなど・・・

いかに人間を思いのままにあやつり快適な生活を送るか!?という事が
適切に書かれているのです!!!

わたしも、フジオも初めてこの本を読んだ時、思わず甘栗の事をじーっと見つめ、
ひょっとして、この本読んだの?と聞いてしまいました・・・。


091029-3.jpg

ビスコも読んでみる?え?読んでみたの?

そっかーーー。
おねだり講座は、これを読んでビスコなりに勉強してたのねー。





ビスコ執筆中→
091029-2.jpg


ビスコも犬語の教科書を書いちゃうわよー(パソコンで!) って魂胆ね・・・。









↓映画《犬と猫と人間と 》のオフィシャルサイトです。




甘栗、ビスコと出会って、捨て猫や捨て犬の事を考えるようになりました。
日本全国で処分される犬猫が年間35万頭、1日に1000匹近くが殺されている現状。
今までなんとなく知ってたけど、みないようにしてた気がします。
映画《犬と猫と人間と 》は、一人の猫好きなおばあさんの「不幸な犬猫を減らしたい 」
という思いから生まれたドキュメント映画だそうです。
おばあさんから頼まれた監督は、犬猫の問題はまったく無知だったけど、
そこから4年かけ、犬猫の問題に向き合って作られたとの事。
まだ観てないのですが、必ず観ようと思います。
Posted by ケメコ
comment:3   trackback:0
[本棚
犬と笑う生活★
少し前になりますが、本屋さんで立ち読みした雑誌『犬と笑う生活』
ワンコのしつけ本みたいなのは何冊か読んだりしましたが、
なんとなくどれも同じような事が書いてあるしな~なんて、
あまりほしいと思う本がなかったのですが、この本はやっぱり
もっとじっくり読みたいなーと思い購入☆

ごしょーかい


雑誌のタイトルどおり、よくある飼い方やしつけ本ではなく、
ワンコとの向き合い方!を提案しているという感じです☆

まず《 犬が笑う絶対条件は飼い主が笑顔であることだ 》とありました。

これなら、おまかせくださーーーーーいっ♪
ビスコがいるだけで、
プププと笑ってしまう毎日を送らさせてもらってます♪

090821-1.jpg

他にも・・・
《 飼い主も真剣にたのしむこと 》
はいはいはーーーいっ!たのしいですよーーー☆
ビスコと一緒のおでかけなんかはとくに、テンションあがります♪

《 とことんほめておだてること 》
ふふふ☆これもぴったり♪
ビスコはまさにほめられたら調子に乗っちゃうタイプですからーーー☆

090821-2jpg.jpg

あれ?ビスコちゃん・・・↑
少し・・・かなり? 迷惑そうなお顔ですね・・・?

あたちより、ケメコたちの方が楽しそう・・・って?
そうですね・・・(^_^;)

《 愛犬の出すサインに注目しよう 》というのもありました。

はい☆もう一回ちゃんと全部読みますよーーーーー♪

・・・と言う訳で、今お気に入りの雑誌です☆




Posted by ケメコ
comment:4   trackback:0
[本棚
ぼくの犬キング★
南の島の<民宿くちのえらぶ>にはたくさんの本があります。

民宿くちのえらぶ 


ひんやりとした板の間は外の光とは対象的な少し薄暗い感じで、
壁一面が本棚になっていて、なんだか大好きだった小学校の図書館や
幼稚園の教室を思い出すような気がしました。

そこでふと目についた本。

ウォーバーグの<ぼくの犬キング>

ぼくの犬キング 


生まれた時から一緒にいる事が当たり前だったジェミーの家族、
犬のキングが死んでしまうところから物語が始まります。

さみしいのと、哀しいのと、そして
やり場のない怒りのような気持ち・・・。

ジェミーの事を心配する周りの人たち・・・。

おばあちゃんの言葉・・・。

なんだかぎゅぎゅっと心臓を掴まれる気がしました。

南の島の口永良部島で、甘栗の事・・・
優しい気持ちを色んな方にもらった事・・・

海が見える心地よい風が吹くこの場所で、ビスコを膝にのせながら、
改めて、優しい気持ちをくれた方たちに、ビスコに、
ありがとうって気持ちでいっぱいになりました。

もちろん、甘栗にも・・・。




Posted by ケメコ
comment:2   trackback:0
[本棚
ブルッキーのひつじ☆
大好きな絵本、ゴフスタインさんの <ブルッキーのひつじ>

ブルッキーのひつじ1


大好きな谷川俊太郎さんが訳をされています。
シンプルな絵と詩のような文。
でも、じんわりじっくり二人の大切な関係が伝わります。
絵も文も、ほんとうにすてき。

ブルッキーのひつじ2


くろねこ甘栗とも、一緒に読んだなー。
ビスコとも初めて一緒に読んでみました。

<みみのうしろをかいてやる>のところで、ビスコのみみのうしろをかきかき。

はふぅー☆やっぱりこの絵本大好き☆

中表紙に 「To my husband」
ゴフスタインさんは、 ダンナさまに捧げて書かれたそうです。

なんだかすごい!!!!!
すごいラブレターーーーーーーー☆

ブルッキーのひつじ3


大好きな絵本の中でも、一番のお気に入りです。

ビスコの枕にもちょうど良いしね?!(^_^)


Posted by ケメコ
comment:3   trackback:0
[本棚
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。